メールはこちらから

事務所概要

 事務所名
    高田勝人税理士事務所

 所在地
愛媛県西条市壬生川107番地9

 業務内容
税務申告
タックスプランニング
会計、決算に関する業務
相続サポート
独立、開業支援に関する業務
経営相談・コンサルティング
生保、損保代理店業務
社会福祉法人新会計基準移行支援
企業再生

 所属
四国税理士会

高田勝人税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
お問合せ

講師派遣

当事務所では10名以上の会合、勉強会等へ講師派遣をいたします。
ご希望があればお問い合わせください。
時間は60~120分の間で調整可能です。
お問合せ先は TEL:0898-64-2274 までお願い致します。

経営革新等支援機関
東予相続サポートセンター
関与先向けホームページ紹介
TKCシステムの ご紹介

継続MAS

継続MASシステム(中期(5年)・単年度経営改善計画作成システム)

継続MASシステム(中期(5年)・単年度経営改善計画作成システム)

⼈間のすべての営みは計画と実績に分類され、両者を⽐較することによって次なる課題が明らかになります。しかも、多⼈数を動員して効率的に事業を遂⾏するためにはトップ、ミドル、ロワーと組織のそれぞれのレベルで⾃らがチャレンジすべき⽬標を知り、それが⼀定期間の後にどうなったかを評価する必要があります。そういう意味で⽬標管理とマネイジメント・サイクルは経営管理の基礎的で必須の⼿法です。

⽬標管理とは「⽬標による⾃⼰管理」が原義です。組織全体の⽬標を構成員がそれぞれの⽴場で受けとめ、⾃らの計画を⽴て、それを集計して全体計画を確認するというプロセスになります。⾃ら⽴てた⽬標ですからその達成に責任感が伴います。組織管理にいわば計画必達システムを組み込んだと⾔えます。
マネイジメント・サイクルは⽣産のプロセスの中で改善や改良が継続的に⾏われるためのルールを模索し、Plan(計画)-do(実 ⾏)-check(評価)-action(改善実施)⼀連の流をPDCAサイクルとも呼ばれています。このサイクルは個⼈、部⾨、組織全体とそれぞれのレベルで回すことになります。
両者を結び付ければ、マネイジメント・サイクルのplan(計画)作成に際して、⽬標管理のシステムを採⽤することが重要です。


TKC継続MASシステム